ペルーのマチュピチュに行ってきた!事前準備が必要な13個のもの!

現在ペルーに在住しているので、せっかく近くにいるから!ということで、

マチュピチュに行ってみることにしました。

とっても素晴らしい景色で、行って良かった!と思うのですが、

意外と大変だったことも多かったです。

そこで、これは知っておいて欲しい!ということを、

私の体験記と一緒にご紹介していきますね。

なんとな〜く参考になれば、と思います。

ペルーのマチュピチュに行ってきた!

まずリマの空港から出発!

金曜日の夕方の便でクスコに到着しました。

あ、クスコとはマチュピチュの一番近くにある街です。

そこにだいたい宿泊して、マチュピチュと往復することがメジャーです。

 

だいたい1時間くらいのフライトのはずなのに、出発が1時間遅れたので

到着も1時間遅れでしたが、ホテルのお迎えはちゃんときてくれていました。

良かった・・・。(笑)

これはクスコに到着して、すぐに撮影をした一枚。

窓から撮りました。

もっと田舎だと思っていたので、ちょっとびっくりするくらいの灯り。

しかも、一定間隔で並んでいる灯りがとってもロマンチックでしたよ^_^

 

空港ではたくさんのタクシー運転手さんがいますが、

ホテルのタクシードライバーさんにお願いするのが一番安全です。

タクシーの運転手が泥棒と手を組んでいて、

タクシーに乗せてアジトへ向かう、という手口はペルーでよくあることです。

なので、空港でのタクシーはホテルの専属タクシーがオススメなのです。

ホテルに到着して、一つ目のハプニング!

なんと、宿泊するはずだった部屋の床が抜けて(笑)、泊まれなくなったとのこと。

ということで、急遽スイートルームへ案内してくれました。

やったー♪ラッキー♪

とっても綺麗な部屋に2泊できることに。

そのままの足で、クスコの中心地である公園へ行きました。

ちなみに、歩いている街並みは中世ヨーロッパな雰囲気です。

リマとは全然違いますね。

すごくおしゃれで、移住したいと思っちゃいました。(笑)

中心地にある公園はこんな感じです。

教会と、ちょっと古い形式で作られたお店が、公園をかこむようにして建っています。

この『Plaza De Armas(プラサ・デ・アルマス)』と呼ばれる公園がクスコの中心地です。

お店に困ったら、この付近に行ってみるとだいたい美味しいお店や

必要なものが揃っていたりします。

それから、クスコは「チーズ」が美味しいとペルー人の間では有名です。

ぜひ、近くのピザ屋さんに行ってみてください♪

最高に美味しかったですよ。

もう一つ美味しい食べ物もあります。

ペルーの有名な食べ物の一つ『アンティクーチョ』です。

これもクスコで食べたら一段とおいしかったですよ〜♪

アンティクーチョは「心臓」で、私は内臓系が食べれなくて苦手です。

それでも美味しいと思うので、きっと食べると好きになる!という方が多いと思います。

ペルーのマチュピチュに行ってきた!事前準備が必要な20個のもの!

そして!!!

いざマチュピチュへ!!

ここで必要だと思ったものは最後にまとめますね。

実は、マチュピチュまでの道のりをなめていました・・・。

 

クスコから1時間くらいで「ぴゅっと」行けるもの思っていたのに。

なんと、クスコを出発してほぼ4〜5時間かかりました。

その内訳はこんな感じです。

9:30 ホテルを出発(車でオイヤンタイタンボまで向かいます)

 

11;00 オイヤンタイタンボに到着(この時点で予想外(笑))

 

11:30 トロッコに乗って出発

 

13:00 マチュピチュのふもとの街に到着

 

13:20 マチュピチュに向けてバスで出発

 

13:50 マチュピチュに到着

という流れでした。

トータルで4時間30分ですね。

しかも、山道を行ったりするので、車酔いをする方にとっては地獄です。(笑)

私は車酔いしやすいので、恐ろしく酔いました。

トロッコはこんな感じです。

行きと帰りに撮りました。

このトロッコですが、実は地元のペルー人が乗るものと、外国人観光客が乗るものはわけてあるんです。

ペルー人が乗れるトロッコは1回30ソレスくらいなので1000円くらいです。

それに比べて外国人観光客が乗るのは、1回100ドルです。

日本円にして10000円。桁が1桁多くなります。(笑)

その分車内も綺麗だし、ドリンクとフードも無料で1回出てきます。

ただ、それを考えてもこの違いは大きいですね。(笑)

ペルー人が外国人観光客のトロッコには乗れますが、

外国人観光客がペルー人用のトロッコにのることはできません。

これも残念。(笑)

このトロッコで到着する、マチュピチュの麓にある街。

そこはお土産をたくさん売っています。

それにホテルもあります。

希望すれば、マチュピチュの麓にとまることも可能なんです♪

標高もクスコより低いので、クスコの標高に慣れておけば快適ですよ〜。

 

そうして、やっとの思い出到着したマチュピチュ。

ここも意外だったのは、ほぼ登山のようでした。(笑)

一番高いところに登ると、よくみる有名な景色です。

なので、そこまで必死に登ります。

幸い登山靴で行っていたので楽に登れましたが、普通の靴で行ってたら少しキツかったかもしれません。

そして、ついに!

あの有名なマチュピチュに到着です!!

 

パノラマで撮ったので、ちょっと小さくなっちゃうかもしれません。(笑)

一番肝心な画像なのに・・・。(笑)

かの有名な動物、リャマもたくさん!

しかもちょーフリーなので、急に目の前に現れたりすることも!

正直、驚きました。(笑)

近すぎて。おそるおそる。(笑)

と、まあ、なんだかんだたくさん楽しませてもらえたマチュピチュ。

美しかったです。

そして、素晴らしかったです。

 

もちろん帰りは行きと同じルートをそのまま帰りました。

ホテルに帰ったのは夜の10時くらいです。

1日かかりですね。マチュピュは。

想像以上に大変でしたが、それだけの価値はあります。

 

ただ、しっかりと準備をしておくと便利だとも思いました。

私も事前にいろいろとチェックして行ったので、必要だったものをご紹介しますね。

いざマチュピチュへ!事前準備が必要な13個のもの!

まず、マチュピチュに行かなくてもクスコでもあったら良かったものはこちらです。

  • 薬(酔い止め、高山病のもの、常備薬)
  • サングラス
  • 小さめのカバン
  • ティッシュ
  • パスポート

高山病になるかどうかは、行ってみないとわからないので

実際に行ってから買うこともできます。

でも、体が辛くて買いに行くのも辛い・・ということになっても大変なので、

事前に準備する余裕があれば、持っていくと安心ですね。

 

また、私は鎮痛剤を持って行ってました。

普段から頭痛持ちなのですが、クスコではいつもより頭痛が起こりやすく感じました。

常備薬は忘れずに持っていくことをオススメします。

 

また、標高も高いので太陽が出ている時はサングラスがあったほうが、目のためにも良いです。

それから、場所によってはトイレにトイレットペーパーが設置されていないところもあります。

ティッシュは持っていたほうが便利です。

パスポートはどこに行くにも必須ですね。

トロッコに乗る際、マチュピチュに入る時、両方で必要になります。

実際にマチュピチュに行く際、あって良かったと思うものはこちらです。

  • 日よけの帽子
  • ウィンドブレーカー系の薄手のジャケット
  • 替えのTシャツ
  • 替えの靴下
  • 防水性の靴
  • リュックサックのような、両手があくカバン
  • タオル(小さめの)

日傘を持って行ってもいいのですが、歩いている時に邪魔になります。

しっかり登山をするような箇所もあるので、

両手が空いているほうがスムーズに登ることができます。

私も息切れしました。(笑)

なので、荷物もリュックなど両手が使えるものの方が無難です。

できれば軽めのものがベスト!

 

マチュピチュの天候は1年を通して70%が雨です。

なので、ウィンドブレーカーのような雨を弾くことのできる素材のジャケットが好まれます。

また、足元も不安定になりやすいので、滑りにくい、できれば防水加工のある靴の方が良いと思いました。

雨が降った時のためにも、替えの靴下があると帰るときに気持ち悪くないですよ^_^

 

ただ、私が行った時には素晴らしい晴天でした。(笑)

その分、汗だくになったんです。

だからこそ、雨が降らなくても替えのTシャツと靴下が役に立ちました。

また、薄手のジャケットにしていたので、暑くなったら脱いでリュックに入れることもできました。

日よけのために、薄手の長袖Tシャツにしておいたので、日よけ対策もバッチリです!

いざマチュピチュへ!事前準備が必要なもっとも大切なこと!

そして!!

もっとも大切なことが「予約」です。

クスコからマチュピチュにかけて必要な予約しないといけないことが、たくさんあります。

  • クスコからオイヤンタイタンボへの道のり
  • オイヤンタイタンボからのトロッコ
  • クスコの麓からのバス
  • クスコに入るための入場券

これらが全て予約が必要であり、帰りの分も必要です。

全てを一度に予約するのは手間なのと、一つでも抜けるとマチュピチュに行けません。

しかも・・・予約はスペイン語です。

そこで、もっともベストなのはツアーに入ることです。

マチュピチュの中はツアーについていかなくても大丈夫なので(私も離れて行動しました(笑))、

道のりだけはしっかりと予約しておいて、あとは自由に過ごしちゃいましょう。

 

宿泊する予定のホテルにお願いすることもできます。

あるいは、エクスペディアなどの各地の現地ツアーを予約できるシステムを使うのもオススメです。

エクスペディアでは航空券の予約などもできるので、ここでまとめて予約するのもありですね^_^

これで準備は完璧です!

ぜひ、マチュピチュを楽しんでいただく参考にしていただけたらと思います♪

Buen Viaje!!!

 

もし、リマや他の地域にも行くことがある場合には、現金の用意する方法や、

現地でのカードが使えないハプニングにも気をつけてくださいね♪

 

もし気になる方はこちらから♪

プリペイドカードが使えないトラブル!?海外で起こったハプニング!

プリペイドカード、海外で実際に使ってみた結果!

現金を海外で用意する、意外な方法がベスト!?